1425名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

スプレータイプの日焼け止め

更新日:2017/06/07 公開日:2014/07/28

シェアする

スプレータイプの日焼け止めのメリット

日焼け止めには、色々な形状のものがありますが、最近ではスプレータイプのものもよく見かけるようになりましたね。

スプレータイプの日焼け止めの魅力は、何と言ってもサッとひと噴きするだけで良いという手軽さ。手に取ってからつけなくてはならないクリームや乳液タイプのものと違って、手を汚さずにつけることができるので、スポーツやレジャーの際の日焼け止めの塗り直しに、とても重宝します。また全身に使えるものが多いので、手が届きにくい背中や髪の毛の紫外線対策にも最適です。

忘れがちな髪のUVケアに

特に髪の毛は、肌のように日焼けをしても、すぐに色が変わったりしないので、ついついUVケアを怠ってしまいがちです。

でも、頭は体の中でもっとも太陽に近い所にあるので、紫外線を真っ先に浴びてしまう部位。紫外線のダメージを受けると、髪のキューティクルが傷んで剥がれ、髪がパサパサになったり、切れ毛や枝毛が増えたりしてしまいます。

日差しが強いときの屋外活動の際は、髪の毛の紫外線対策として、スプレータイプの日焼け止めを使うのがオススメです。

スプレータイプのデメリット

ただし、スプレータイプのものは、顔には直接噴射できないので、顔に塗るときは一旦手に取ってから使わなくてはなりません。また、塗りムラができやすいものの、見た感じではきちんと均一に塗れているかどうかが、わかり辛いというのも難点です。

ですから基本的にはクリームや乳液タイプの日焼け止めを使い、その上から補助的に使うのが良いでしょう。

また、スプレータイプの日焼け止めは、香りつきのものがよく見られます。甘すぎる香りのものは男性には使いづらいでしょうから、無香料のものを選んだり、違和感なく使える香りかどうかを事前に確認したりして、購入するのがオススメです。

あなたにオススメの記事一覧

全ての記事一覧へ

関連するセルフチェック一覧

他のカテゴリを見る

更新情報