1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

中村静香の「男の恋愛相談室」

【男と女】は近くに居ると不倫が避けられないもの?

更新日:2017/11/11

シェアする

田舎で静かに暮らしていた40歳過ぎの美人妻が、小遣い稼ぎで、初めて町工場の事務員として働き始めました。それまで働いたことがない、しっかりした家の奥さんでしたが、そこで思わぬ不倫が起こってしまいました。 

小さな町工場に鶴が舞い降りた

田舎で、皆が顔見知りで礼節を持って真面目に暮らしている地域に、その奥さんは住んでいました。真面目な性格で、義親とも同居し、家の中も綺麗に維持してきた、しっかり者の妻です。子供の手が離れた40過ぎ頃に、少し離れた町工場の事務員のパートに行き始めました。鉄の小さな部品を作っている工場で、快適な環境とはほど遠い所でした。また、その奥さんも、事務の仕事はしたことがなく、電話番と簡単な記帳のみの、短時間での安い仕事でした。綺麗好きで、いつも髪がセットされているような人だけあって、仕事の時は頭に白い布をかけ、田舎の母親が掃除をする時のような恰好をしていました。でも美人だけに、それが美しいのです。工場に来た人は皆思わずハッと息を飲みました。工場に鶴が舞い降りた!そんな感じの、決して軽い人には見えない真面目な女性でした。まさか、そんな人が不倫をするとは誰も想像しませんでした。 

思いがけない不倫が起こってしまった!

その工場には、高齢の男性社長と50代の役員の男性と、あとは作業の若者が数人いました。注文は多く繁盛していたので、常時、残業がありました。そして繁忙期には、その事務員も、別賃金で残業をするようになりました。自転車で通っていた事務員さんは、夜の残業で雨の日などは、その男性役員に自転車ごと家の近くまで送ってもらうようになったのです。そこに不倫に至る隙間がありました。そのうち、二人は男女の関係になったようです。詳しいいきさつは誰にも分かりません。その相手の男性役員は、すらりとした痩せ形で、田舎の人ではありますが、確かにハンサムの仲間に入る容姿でした。この男性も真面目な人で浮いた噂もなかった人です。 

男女は近くに居ると不倫が避けられないものらしい

不倫を最初に感づいたのは工場の社長さんでした。さすがに、人生のベテランのかんで分かったそうです。夜、急な用事で工場に行ったところ、二人が、ポツンと灯りがついた事務所に一緒にいる雰囲気が、ただ事ではなかったらしいのです。その後、別の日にこっそり、夜、その役員の車で帰っていく二人の後をつけたんだそうです。そこで不倫の事実を確認しました。その後、その社長さんは、その事務員さんを解雇したそうです。田舎なので人の噂が立てば止められません。その奥さんは、離婚になり、工場も信用を失うでしょう。それが狭い田舎の暗黙の掟なのです。

他の「中村静香の「男の恋愛相談室」」の記事を読む

中村静香の「男の恋愛相談室」の記事一覧へ

関連するセルフチェック一覧

メンズライフカテゴリ一覧