1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

中村静香の「男の恋愛相談室」

「オナ禁」は健康に悪い!?あなたに必要な射精の回数と計算方法

更新日:2017/10/07

シェアする

コンドーム

生殖活動は生物にとって最も重要、かつ根源的な行為です。男性の場合、射精を行わない状態が続くと老化が進み、精力はどんどん低下していきます。また、射精回数と前立腺がんの発生率には強い因果関係があり、射精回数が少ない男性ほど前立腺がんを発症しやすいという研究結果が発表されています。

それでは、最低どのくらい射精をすると、前立せんがんなどの病気や老化の予防に効果的なのでしょうか。

年代別の必要な射精回数と計算方法

あくまでも目安のひとつですが、病気や老化を予防するのに必要な射精の回数は、以下ように計算することができるといわれています。

・年齢の10の位 × 9 を計算し、この数字の10の位×10日間の間に、1の位の回数の射精が必要

例えば、20代の場合、「2×9=18」で、10日間に8回は射精が必要ということになります。20代~50代のそれぞれで必要な射精回数の一覧は以下の通りです。

・20代:10日間に8回
・30代:20日間に7回
・40代:30日間に6回
・50代:40日間に5回

週に5回の射精で前立腺がんの発症率が3分の1に!?

メルボルンの「ビクトリア州がん協会」のグラハム・ジレス博士などの研究グループが前立腺ガンと性生活に関して行った調査によると、週に5回以上射精していた男性は、前立腺ガンを発症する確率が3分の1にまで減少するとのことです。

前立腺は、「前立腺液」といわれる精液の材料を生成したり、精子へ栄養を運搬するなどの働きをしています。射精回数が少ないと、前立腺が衰え、ガンが発生しやすくなってしまいます。そのため、射精回数が多いほど、前立腺が活発に働き、病気を予防できるそうです。

射精回数が少ないと、ED(勃起不全)になることも!

インターネット上では、「オナ禁」(自慰行為をしない)することで様々なメリットがあると謳われています。しかし、性行為をしない場合、自慰行為も止めてしまうと射精回数が減り、健康や男性機能に悪影響を与えることがあります。

精子の生成が活発な若い間は、性行為や自慰行為をしなくとも、夢精などによって自然に射精が行われます。しかし、歳を重ねると、意識的に射精をしないと、自然には射精しなくなってしまいます。射精をしない状態が続けば、上述の通り精力が衰えるので、徐々に勃起力なども低下していきます。そうすると、最後にはED(勃起不全)になってしまう危険性もあります。 

「相手がいない」「疲れやストレスでそんな気になれない」「もう若くないし」などと思う方も多いと思いますが、病気を防ぐためにも、上記の射精回数の目安くらいは射精するように努力してみてはいかがでしょうか。

他の「中村静香の「男の恋愛相談室」」の記事を読む

中村静香の「男の恋愛相談室」の記事一覧へ

関連するセルフチェック一覧

メンズライフカテゴリ一覧