1429名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

AGA治療後も効果を出し続けるには

更新日:2017/09/20 公開日:2017/09/20

シェアする

薄毛、抜け毛が進むようなならAGA(男性型脱毛症)が疑われます。「このまま将来ハゲてしまうのか」と心配な人の選択肢がAGA治療です。AGA治療を開始する上で気になるのが、治療をどれくらい続ける必要があるのか、そして、治療後にも継続すべきことがあるのか、ではないでしょうか。ここではAGA治療を受けた後で、効果を持続させるためのポイントを確認しておきましょう。

AGA治療は継続が必要

AGA治療に即効性はなく、効果が現れるまでには時間がかかります。効果が出るまでの期間には個人差がありますが、少なくとも6か月程度は治療を継続する必要があると言われています。そして、注意が必要なのは、AGA治療にもリバウンドのような現象が起きるということ。

治療を中断すると元に戻ってしまう

次に、AGA治療で一度効果が出た後で、治療を中断した場合はどのようになるのかですが、一般的には3か月から6か月くらいで効果が消失してしまうとされています。そして、治療を中断する期間が1年以上続くと、ほぼ元通りになってしまうといいます。つまり、6か月以上AGAの治療を続けて、髪が太くなった、髪のコシ・ハリが戻ってきた、といった場合でも治療を中断してしまうと、そのような成果も失われてしまうのです。

治療後の生活で注意すること

AGA治療の効果を失わないためには、治療を継続する必要があります。その上で、生活面でも次の点に注意しましょう。
・肉や魚などから良質なタンパク質を摂取する
・血流に悪影響を与える飲酒、喫煙を控える
・十分な睡眠をとる
・ストレスと上手に付き合う
・丁寧にシャンプーをする

規則正しい健康的な生活は発毛にも有益です。飲酒・喫煙をひかえ、常に体のコンディションを良い状態に保つようにしましょう。食べ物はインスタント食品やジャンクフードを避け、髪の材料ともなる良質なタンパク質を摂るようにします。また、自分に合った趣味を見つけ、ストレス発散を心がけましょう。できれば運動を習慣にすればストレス発散にもなり、睡眠の質の向上も期待できて一石二鳥です。シャンプーするときは、シャンプーの泡で頭皮をやさしく洗い、皮脂や汚れを洗い流し、頭皮を清潔に保ちましょう。AGA治療後の過ごし方については、治療を受けた病院やクリニックで指導を受けておくと安心です。

AGA治療は保険適用外

AGA治療は継続する必要があることを確認しました。ここで注意しておきたいのは、AGA治療を継続する限り一定の出費は避けられないということです。特に、AGAは保険適用外の自由診療であるため、費用は全額自己負担となります。その理由は、AGA治療が美容医療と同じように見た目の向上を図る治療と考えられているからです。AGAは、それによって生きるために必要な機能が損なわれる、病気に伴う苦痛によって生活に支障が出る、といった疾患とは考えられていないのです。

治療費は医療機関によっても異なり、また、治療にかかる期間にも個人差があるので治療費はまちまちですが、一般的には月々3万円程度の出費は必要になると思われます。結果が出るまでに6か月かかる人なら18万円程度、1年なら36万円ほどかかります。さらに、治療によって改善が見られた後も、効果を持続する必要があります。特に、次に触れるように、使用を止めることで効果が失われてしまう、外用薬療法と内服療法は基本的に続けることを前提に計画を立てましょう。

AGA治療で使い続ける薬

AGA治療で一定の成果が見られた後も、引き続き継続する必要があるのが、ミノキシジルを用いた外用薬療法と、フィナステリドまたはデュタステリドを用いた内服療法です。一般的には月に1回ほどのペースで通院し、薬を処方してもらいます。

外用薬療法

ミノキシジルは血管拡張作用を持ち、発毛を期待できる成分です。ミノキシジルは内服薬としても外用薬としても用いられます。ミノキシジルの外用薬は7,000円~13,000円程度です。

内服療法

内服療法に用いられる薬にはフィナステリドとデュタステリドがあります。フィナステリドは医師の処方なしで購入することはできません。デュタステリドはもともと前立腺肥大の治療薬として用いられており、2015年9月にAGA治療薬として承認されました。フィナステリドは5α-還元酵素のⅡ型のみを抑制し、デュタステリドは5α-還元酵素のⅠ型とⅡ型を抑制するとされています。なお、デュタステリドに期待される発毛効果は、フィナステリドの1.6倍との報告もあります。

費用はフィナステリドが5,000円~7,000円程度、デュタステリドが8,000円~1万円程度と、高い効果が期待できるとされるデュタステリドの方が割高です。フィナステリドを含む薬にはプロペシアの他、ファイザーのフィナステリド錠をはじめとするジェネリックが発売されており、これらを活用することで治療費を抑えることができます。

あなたにオススメの記事一覧

全ての記事一覧へ

関連するセルフチェック一覧

他のカテゴリを見る

更新情報