美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

虫に刺されやすい体質ってあるの?

更新日:2017/06/07 公開日:2014/08/21

シェアする

血を求めて集まる虫に対しては刺されやすい体質がある

虫に刺されやすい体質について、誰しも一度は論議したことがあるのではないでしょうか。蚊やブヨ・アブなどの吸血性の虫は、血を求めて人間を探しています。これらの虫の目印になるような特徴を持つ人は、虫に刺されやすい人、ということになります。

ちなみに、蜂やムカデ・毛虫に刺されやすい人というのは存在しません。これらの虫は自分から人を刺そうとすることはありません。蜂は、自分の身や巣が危険に晒されるから、ムカデや毛虫はたまたま触ってしまったから刺すだけのことで、もし刺されやすい人がいたとしたらただ運が悪い人です。

二酸化炭素や体温で人を探している

蚊やブヨ・アブは、基本的に人間の呼吸により発生する二酸化炭素の濃度と、体温により人間を探しています。二酸化炭素の濃度が高いほど、体温が高いほど、これらの虫が集まりやすくなります。

これは、体温が高く、呼吸が多い人が刺されやすい、と言い換えることができます。要するに、新陳代謝の激しい人です。また、激しい運動やアルコールを飲んだ後など、体温が上がり呼吸が激しくなっている状態だと、普段そうでもなくても刺されやすくなります。

黒い服を着ていると刺されやすい!?

黒い色は熱を吸収しやすいという特徴があります。ですから、黒い服を着ていると、熱が吸収され、白い服と比べて体温が高くなります。

上記の通り、蚊やブヨ・アブは体温が高い人に集まりやすい習性がありますので、黒い服を着ている人と白い服の人が同じ場所にいれば、黒い服の人の方が刺されやすくなるわけです。虫に刺されたくなければ、白か、できるだけ白に近い淡い色の服を着るようにするとよいでしょう。

血液型がO型の人は蚊に刺されやすい!?

蚊に限った話ですが、刺されやすい血液型と、刺されにくい血液型があるとされています。一般的にはO型が刺されやすいと言われ、血液型による蚊の嗜好性に関する様々な論文が発表されていますが、血液型による差異がないとするものから、A型が刺されやすいとするもの、O型が刺されやすいとするものなど、結果に統一性がなく、根拠もはっきりと特定されているものはありません。

このため、蚊に刺されやすい血液型がある、というのは、否定的な意見が大多数です。血液型と蚊の嗜好性の因果関係に関する研究も少なく、わかっていない部分も多いため、O型だというだけで蚊に刺されやすい、と判断してしまうのは、少し時期尚早なのではないでしょうか。

あなたにオススメの記事一覧

全ての記事一覧へ

更新情報