美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

毛穴に悩む脂性肌のためのクリーム選び

更新日:2018/02/22 公開日:2015/02/27

メンズスキンケア大学参画ドクターについて

シェアする

脂性肌のクリーム選び

脂性肌は、皮脂の分泌量が多いため毛穴につまりやすく、黒ずみやニキビといった肌トラブルを抱えがちです。そんな脂性肌に、油分が多くベタつきやすいクリームは大敵なのでは?と思っている方も多いかもしれません。しかし、クリームは皮脂の過剰分泌を防ぐためのケアに重要な役割を果たすのです。

皮脂の過剰分泌を引き起こす大きな原因のひとつに、乾燥があります。肌が乾燥するとバリア機能が弱まります。すると、肌は肌内部を保護しようと、皮脂の分泌をよけいに活発にしてしまいます。脂性肌であっても化粧水による潤い補給が必須であるのには、このような理由があるのです。しかし、化粧水を塗っただけでは水分が蒸発してしまいます。そこで必要なのが、乳液やクリームによるフタなのです。

ただし、ベタつきがちな脂性肌の場合は、こってりしたクリームではなく、さっぱりした使い心地のものを選ぶことが大切です。成分としては、水分保持力の高いセラミドや肌のバリア機能をサポートするヒアルロン酸などが、保湿効果が期待できるのでおすすめです。また、クリームには油分を補うことを目的とするもののほかに、肌のハリや潤いを保つコラーゲンなどを配合した、美容効果を目的としたものもあります。目的に合ったものを選びましょう。

毛穴の黒ずみやニキビに悩んでいる方の場合は、皮脂の分泌をコントロールする作用があるビタミンC誘導体を配合したクリームもおすすめです。ビタミンC誘導体には抗酸化作用もあるので、ニキビの炎症を抑えるのにも役立ちます。

油分の多いクリームはトラブルの原因になることも!

肌表面の乾燥ケアに特化したクリームの中には、油分を多く含んでいるものもあります。油分が多すぎるとベタつきやテカリを悪化させ、ニキビなどの肌トラブルを引き起す原因になることもあるので、避けた方が無難でしょう。脂性肌の場合は、水分量が多目のサラッとしたものを選ぶことをおすすめします。また、美容液を多めに塗り、クリームはごく薄くのばすようにするのもいいでしょう。

脂性肌に合ったクリーム選びとつけ方で、トラブル予防に役立ててください。

あなたにオススメの記事一覧

全ての記事一覧へ

他のカテゴリを見る

更新情報