美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

股間のかぶれの特徴と対処法

更新日:2016/12/09 公開日:2015/08/14

シェアする

医師

デリケートな股間はかぶれやすい

かぶれとは、皮膚に触れたものの刺激によって起こる炎症や湿疹のことですが、股間の場合は、肌が特にデリケートなので、ちょっとした刺激にも、過敏に反応してしまい、かぶれが起きやすい傾向があります。

股間のかぶれの原因とは

股間のかぶれの原因には、次のようなものが考えられます。

股間は、下着やズボンで常に覆われているので、高温多湿になりやすく、汗をかくと蒸れてしまいます。すると、皮膚の表面に汗が付着したままになり、汗の塩分などが肌を刺激してしまうことがあるのです。

雑菌

股間には、どうしても尿などの汚れが付着しやすいものですが、蒸れていると、そこに雑菌が繁殖し、その代謝物で、肌が刺激されることがあります。

摩擦

下着などの摩擦も、股間の皮膚を刺激し、かぶれの原因になります。

石鹸

洗浄力が強すぎたり、肌に合わない成分が入っていたりする石鹸を使用することで、股間がかぶれることがあります。

股間のかぶれの対処法

股間がかぶれてかゆいと、ついつい掻きたくなるものですが、掻いたからといって、かみみが治まることはありません。それどころか、さらにかゆみが増し、症状が悪化してしまいます。かゆくて辛いなら、市販のデリケートゾーン用のかゆみ止めなどを使うと良いでしょう。

また、雑菌が繁殖しないように、股間を清潔に保つことも大切です。毎日、お風呂で股間を洗い、下着も必ず取り替えるようにしましょう。ただし、洗浄力の強すぎる石鹸を使ったり、ゴシゴシ強く洗ったりするのは逆効果です。刺激の弱い石鹸を少量とって泡立てて、やさしく洗いましょう。また、洗ったあとに、きちんとすすぐことも大切です。

さらに、通気性が悪かったり、締め付けたりする下着をつけていると、股間が蒸れやすくなります。下着の素材や形状、サイズなどにも気を配りましょう。

そして、上記のことを続けてみても、かぶれの症状が治まらない場合は、自分だけで何とかしようとせず、泌尿器科を受診しましょう。「股間のかぶれで病院へ行くなんて恥ずかしい」と感じるかもしれませんが、専門家に診てもらうのが、一番確実な解決方法です。それに、股間のかゆみや湿疹は、ただのかぶれではなく、感染症など、ほかの病気でも起こります。デリケートな部分だからこそ、早めの受診をオススメします。

あなたにオススメの記事一覧

全ての記事一覧へ

他のカテゴリを見る

更新情報